情報起業はSEO対策が、誰がなんと言おうと絶対に重要です。ネットビジネスの成功はここから!

情報起業 ネットビジネス SEO対策 情報

SponsoredLink
SponsoredLink
新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOME > - > スポンサーサイト ]
無料レポートのダウンロードに最適なフリーメールアドレス スゴ!メール

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2008.12.10 Wednesday | - | - |
[ HOMEブログ・アフィリエイト > 記事作成の始めの一歩 ]
無料レポートのダウンロードに最適なフリーメールアドレス スゴ!メール

記事作成の始めの一歩

< 記事作成の始めの一歩の記事はココから >
おめでとうございます。

あなたは、アーサー(著者)としてアーティクルディレクトリを活用する第一歩を踏み出しました。



このアーティクルを良く読み記事ディレクトリとは何であるか?を理解し、あなたが何の為に、どのような目的で記事ディレクトリを活用してゆけば良いのかを今からお話していきます。







1.アーティクルディレクトリとメルマガ発行スタンドの違い



メルマガ発行スタンド」にはメルマガ発行者と読者がいます。



ヴァイラル記事」にも作者と読者がいます。

本当は、この作者と読者の間にパブリッシャー(発行者)がいます。





メルマガ発行スタンド」は、 Ee-Ee-Ee-EEEe-EEEe-e-e-EEEEe-EEe-EEe-EEe-e-メールマガジン発行者が記事記事)を書き読者に情報発信します。

情報発信は、電子メールという形で読者に到達します。





ヴァイラル記事」は作家が記事記事)を提供します。

パブリッシャー(発行者)がブログやメールマガジンを使ってこの記事を情報発信する事が出来ます。これは普通の使い方です。

作者>発行者>読者

というふうに情報が流れます。発行者の所で形が変わります。

ブログやメールマガジンレポートなどですね。



ニュースメディアで例えると新聞、テレビ、ラジオという具合です。





メールマガジン発行スタンド」の場合は、作者の事を発行者と呼びますが事実上発行しているのは「メールマガジン発行スタンド」ですね。

発行者はいつも、「メールマガジン配信スタンド」という事ですね。



つまり形が自由に変わらないという事です。





この違いが分かりますか?

メールマガジン発行スタンド」が悪いという分けではありません。

それぞれ特徴と役割が違うという事ですね。





「ニュースメディア」をもう一度思い出して下さい。



朝忙しくて、テレビでニュースを見れない人、車で通勤する人はラジオを使ってニュース番組を聴視するでしょう。

毎日電車やバスなどを使って通勤する人は、待ち時間や車内で新聞を読んで最新情報を得ます。

ホームオフィースでタスクをする人は朝食を取りながらテレビのニュース番組を見ている事でしょう。



同じ情報でも、このように形を変える事で生活環境の違うエンド使用者の隅々まで届ける事が可能になるわけですね。







2.記事があなたのインタネットビジネスにどのように作用するのか?



貴方が著者として記事を書きパブリッシャーに情報発信してもらう事がどのような結果を生む事になるのでしょうか?





あなたは、「知っています」



あなたは、一つの記事を書き上げる事がどれだけ大変な事かを良く理解しています。

頭をフル回転させ、時には用語辞典やリソース情報を調査したり周囲の意見や統計情報を収集したり、、、

情報のインプットとアウトプットのクリエイティブなタスクがどれだけ大変で、多大な時間を浪費する事か、、、





あなたは、「気づきます」



ハイクオリティな記事を無料提供する事がパブリッシャー(発行者)にどれだけ大きなメリットを与える事になるのかを。





あなたは、「築きます」



あなたのハイクオリティな最新記事を今か今かと待ち望んでいる沢山のパブリッシャー(発行者)

あなたが、ひとたび最新記事をアップロードすればネット中を、貴方が精魂込めて書き上げた記事が電光石火の如く駆け巡る事になるでしょう!



あなた自身の手で築き上げた地位と名声と信用が、貴方のオンラインビジネスに多大な影響を与える事は間違いありません。







3.需要は永遠に無くならない





あなたは、良く知っているはずです。



現代人は、何をするにもネットで情報検索する事が習慣になっている事を。



そして、これは喜ぶべき事なのでしょうか?



ブロガーやメールマガジン発行者の多くが、棺桶に入りかかっているという現実!



噂によると、とある無料ブログサービスの統計では、6割の新規登録ユーザーが3ヶ月以内に全くログインしなくなってしまうとの事。



興味本位でスタートを切っても長期戦略と最初のコンセプトワークがしっかしとしていなければ、結局の所は、何を書いたら良いのか?分からなくなったり必死に更新していても誰もコメントしてくれなくて寂しくなったりして、すぐにあきてしまうのです。





数十万人、いや、数百万人のブロガーやメールマガジン発行者が貴方のアーティクルを、今か今かと待ち望んでいます。







4.レッツトライ



美しい文章なんて、貴方には似合いません。



貴方の考えている事が相手に伝わるか、伝わらないかが重要であるという事を再認識して下さい。





文章が苦手な人は、大事な事を全て箇条書きにして、その後で、目の前に相手がいるつもりで言葉に出して説明してみると、わりと簡単に文章が書けるようになります。



頭の中からダイレクトに文章化出来ない時は、言葉に出してアウトプットすると、うまくゆくようになります。







5.書いて書いて書いて書きまくる



あなたは、知っているはずです。



文章力の強化が貴方のインタネットビジネスの強化に繋がるという事を。



「インプットとアウトプットの繰り返し」



単純にこれだけです。



文章力強化の近道は、沢山読み、沢山書く事です。





これしか方法は、ありません。

< 記事作成の始めの一歩の記事の続きはココから >
< 記事作成の始めの一歩の記事はココまで >
| カテゴリ : ブログ・アフィリエイト | 2008.02.21 Thursday 11:56 | - | trackbacks(0) |
[ HOMEブログ・アフィリエイト > 記事作りの方向性について! ]
無料レポートのダウンロードに最適なフリーメールアドレス スゴ!メール

記事作りの方向性について!

< 記事作りの方向性について!の記事はココから >
バズアーティクルは想定外の動きをしています。





当初、わたしがアーティクルマーケティングを日本に定着させるために用意した基地としてバズアーティクルをランチさせました。





普及するには半年ぐらいを想定していました。

しかし、毎日メンバー登録者は増え続けアーティクル投稿数も加速しています。





これはWeb 2.0的な潮流が日本でも英語圏と時空をシンクロしているからではないでしょうか。

利用者が主導権を握り、良いものを選択していく。

また、大切な人に有益な情報を教えてあげる流れ・・・





わたしはこのWeb 2.0の潮流を最大限に活用するための無料サービスを4つ準備してからバズアーティクルをランチさせました。

今まで、5年進んでいる英語圏の手法を取り入れることにより常に大きな効果を比較的簡単に手に入れてきました。





しかし、このWeb 2.0の潮流は時差がありません。

これからがわたしの経営者としての資質が問われると覚悟しています。

まだ、だれも明確にWeb 2.0を定義して完成モデルを手に入れていません。

わたしなりのビジネスモデルはとりあえず4つのサイトを無料開放することでマーケットに評価していただくつもりです。

この4つはそれぞれが異なるサービスですがコンセプトは一貫しているので連動することで効果を最大限に持って行くことができると想います。





2006年11月には最低1つのサービス、できれば2つのサービスを無料開放する予定ですが、まずはバズアーティクルの方向性をお話します。





バズアーティクルは悪戯に量を追求しません。

完全に質を重視しています。

そして、どんなに現在無名でも内容の素晴らしいアーティクルを書く人がどんどん世の中に露出していけるような環境を整えて生きたいと考えています。





ジャンルも希望があれば審査して追加しています。

利用者主導ですからこのカテゴリー追加も自然な流れです。





ブレイナーズは難しいと言われ続けてきましたので、バズアーティクルのシステムは比較的シンプルなものをまずは用意しました。

バズアーティクルが日本のインタネット上でより認知されるようになれば更なる高スペックのシステムに入れ替える予定です。

既にシステムは用意されています。





バズアーティクルには専任の担当者を配備しています。

これから追加されるサービスにも担当者を追加する予定です。





なぜ、わたしは目先の利益を生まないこれら一連のサービスを提供しているのでしょうか?

それは、このWeb 2.0の潮流はインタネットMarketerの将来を変えてしまうほどの潜在力を持っているからです。

この潮の流れを適切に読みきらないと存在すらできなくなってしまう危険性を感じています。

しかし、逆に適切に読みきればとんでもない成果をもたらしてくれると想います。

ですから、来年はある人には大不況となりますが、ある人にはバブルとなると考えています。





あなたはどちら側の人ですか?

< 記事作りの方向性について!の記事の続きはココから >
< 記事作りの方向性について!の記事はココまで >
| カテゴリ : ブログ・アフィリエイト | 2008.02.20 Wednesday 11:56 | - | trackbacks(0) |
[ HOMEブログ・アフィリエイト > 私のアーティクルが加速し始めた事実 ]
無料レポートのダウンロードに最適なフリーメールアドレス スゴ!メール

私のアーティクルが加速し始めた事実

< 私のアーティクルが加速し始めた事実の記事はココから >
クチコミアーティクルがランチしてからまだ間もないこの時期ですが、私は自分のアーティクルがどれくらい利用されているのか気になってきました。



そこで複合検索を使って大まかな数値を計測してみる事にしました。

検索検索連動型広告には、アーティクルのタイトルと署名欄のサイト名を使ってみました。



検索してみた結果最も多く使われているアーティクルは、すでに50件程度のユーザーを確認出来ました。

実際には、ソーシャルコミュニティの内部など閉鎖的なウェブサイトの中で使われているケースや、バックナンバー非公開のEEEEe-EEEEe-e-EEe-EEEEEEe-Ee-e-EEEEEEEe-メールマガジン、ステップメールで配信されるケースなども考慮するとすでに100以上のユーザーがあったと仮定してもおかしくないと思います。





アーティクルあたりの平均ユーザー数を計測するには数値的にも、まだまだ不足しています。



そこで、アーティクルの露出度を計測する為には、最先端の英語圏で調査する必要があると考えました。





英語圏で人気の高いアーティクルディレクトリにEzinearticles.comというサイトがあります。

http://イーザインarticles.com/





このサイトのトップアーサーアーティクル数と検索結果をチェックしました。



11月6日現在

1位 Lance Winslow氏  10,001 Articles



次に、このサイトのトップアーサーであるLance_Winslow氏の大まかな露出度を調査しました。





下記URLは、Lance_Winslow氏の記事をグーグルで検索した結果です。

http://www.google.com/search?hl=ja&lr=&ie=UTF-8&oe=UTF-8&q=expert%3Download ance_Winslow&num=50



11月6日現在

全世界で51,900ページがインデックスされています。







この調査結果から、1記事あたり5〜10人程度のユーザー数は、難しくない数値だという事がお分かり頂けるはずです。







Ezinearticles.comというサイト名から推察すると、このサイトでは、メールマガジンやステップメールでの使用を主体としたパブリッシャーが多いのでは無いかと思います。



この事から仮定すると、実際には、これよりも多くのユーザーが存在するのだという事が十分推測出来ます。

< 私のアーティクルが加速し始めた事実の記事の続きはココから >
< 私のアーティクルが加速し始めた事実の記事はココまで >
| カテゴリ : ブログ・アフィリエイト | 2008.02.17 Sunday 11:56 | - | trackbacks(2) |
[ HOMEブログ・アフィリエイト > 私が何のためらいもなくMTでどんどんアフィリサイトを量産しているのか ]
無料レポートのダウンロードに最適なフリーメールアドレス スゴ!メール

私が何のためらいもなくMTでどんどんアフィリサイトを量産しているのか

< 私が何のためらいもなくMTでどんどんアフィリサイトを量産しているのかの記事はココから >
ここ1〜2年前までは、

無料ブログを使ってアフィリサイトを

量産する人が圧倒的に多かったのが事実です。



  シーサーブログ

  ライブドアブログ

  FC2ブログ

  JUGEM



などなど、無料ブログには

数多くのサイトが存在します。



どのサービスも入門者が手軽に始められ、

簡単に量産させることが可能です。



しかし!



無料ブログに伴うリスク

これらの無料ブログサービスには、

とても大きな危険が伴っていることをご存知でしょうか。



もし、あなたが時間をかけて作ったアフィリエイトブログが、

次々とアカウント削除されてしまったら、どうでしょうか。



実は、そのような事態が実際に発生しているのです。



その一例として、ライブドアブログで開設している

大物アフィリエイターのブログが、

先日から次々とアカウント削除されてしまいました。



どれも物凄く大きな金額を稼ぐブログだけあって、

この業界に、計りきれないほどのショックを与えました。



ただ、こちらは無料で使わせてもらっている以上、

何も文句を言えないのです。



しかも、「当ブログサービスは、アフィリエイト禁止です!」などと

突然の規約変更をされる可能性もあるのです。



このように、ブログサービスの気分に依存している状態で、

安心して運営が続けられるでしょうか。



誰もが行なっているMTでのサイト量産

そこで最近注目を浴びているのが、



MTによるサイトの量産です。



MTとは、一言で説明すると、

自分のレンタルサーバーに設置する

自分専用のブログ(サイト)です。



繰り返しますが、ロリポップ・エックスサーバーなど

自分のレンタルサーバーに設置して使うため、

無料ブログのような危険性を心配する必要がありません。



また、デザインのカスタマイズも自由に行なえるため、

無料ブログでは有り得ないような、本格的なサイトが出来てしまうのです。





まずは、MTのメリットをまとめてみました。



独自ドメインの使用ができる! (例: http://www.△△.com/ )

サブドメインを使い、複数のブログを量産できる。

自分専用サーバーのため、基本的に削除される心配が無い。

カスタマイズ次第で、本格的なサイトを作ることが出来る。

無料ブログのような広告が挿入されない。





いかがですか?



とても魅力的でしょう。





実際、アフィリエイトで月収100万円以上を稼いでいる

大物起業家の殆どは、MTにてサイトを量産しています!



もちろん、私達も日頃からMTを使い、

サイトをどんどん量産しています。





これだけのメリットがあるのですから、

MTは、今すぐ絶対に始めるべきです!





MTは、とっても難しい!

しかし、実際にビギナーアフィリエイターに聞いてみると



  「インストールが難しくて、挫折しました。」



  「操作が良くわからない」



   「ひな型の入れ替えが難しい」



このような声が非常に多かったのです。





このままでは、もったいない!





そこで、私は考えました。





ビギナーにとってのMTの壁

量産する度に発生する面倒な仕事



これらを解決するには、

単純仕事を全て自動化させれば良いのです!





< 私が何のためらいもなくMTでどんどんアフィリサイトを量産しているのかの記事の続きはココから >
< 私が何のためらいもなくMTでどんどんアフィリサイトを量産しているのかの記事はココまで >
| カテゴリ : ブログ・アフィリエイト | 2008.02.16 Saturday 11:56 | - | trackbacks(4) |
[ HOMEブログ・アフィリエイト > 知られざるアーティクルアタック戦術の破壊力 ]
無料レポートのダウンロードに最適なフリーメールアドレス スゴ!メール

知られざるアーティクルアタック戦術の破壊力

< 知られざるアーティクルアタック戦術の破壊力の記事はココから >
記事アタック」戦術を試したことがありますか?





あなたのホームページへのトラフィック者の数を増やす戦術について説明します。





そうです。この戦術はアーティクルマーケッティングに関するものです。

しかし、見聞きしていそうなありふれたことだとあなたがこの話題を退ける前に、これは、決してありふれた内容ではないということを保証します。



アーティクルマーケティングは、あなたのホームページ検索エンジンの目立つ場所の上位階層に表示させ、この戦術を継続している限り、その位置に留まるように保証する的確な商品マーケティング技術を教える戦術です。





この戦術は、他にもっと適切な言葉が見つからないので、アーティクルアタックと呼ばれています。

この戦術は文字通りのことを行います。あなたの商品を用いて、組織的に絶え間なく、インタネットを攻撃します。

すると、あなたのホームページ検索エンジン結果の上位の場所に表示され、この戦術を継続している限り、そのままの位置が保証されます。





一体、アーティクルアタック戦術とは何なのでしょうか?





アーティクルアタック戦術とは、商品マーケティングに関するすべてのことであるのはそのとおりですが、アーティクルアタック戦術は組織的アプローチであり、あなたのウェブサイトだけでなく、あなたのページすべてのインデックスが行われ、十分な被リンクが得られるようにし、実際にページ間の連結があなたのインタネットビジネスに素晴らしい成果をもたらせるようにします。





この戦術を十分に説明するために、まず最初に従来のアーティクルマーケティング戦術の限界について考察します。





a.. 大体、われわれは10、20または50もの商品をウェブサイトにできるだけ早く載せたいと思いますが、非常に多くの被リンクサーチエンジンスパイダーに警告を出すので、載せることができません。

リンク人気の突然の上昇は、危険を示す「レッドフラグ」(警告)とみなされます。





a.. 従来の記事マーケティング技術は、同じリスティング広告のみに焦点をあわせます。





a.. 従来の記事マーケティング技術は、ホームページの索引ページのみに焦点をあわせます。





記事アタック戦術は、こうした限界を認識しています。

したがって、これらの限界を回避し、従来の記事マーケティング技術が見逃しているものを最大限に活用するように設計されています。







アーティクル・アタック戦術の仕組みはどのようになっているのでしょうか?





あなたがとるべき手順は次のとおりです。





1.. あなたのウェブサイトのテーマに関連したすべての検索連動型広告のリストを作ります。リスティング広告が多ければ多いほどうまくいきます。





2.. リスティング広告の1つをアンカーリンクとして使って、www.ezinearticles.comにアーティクルを送信します。

このアンカーリンクが、ユーザーをあなたのメインページに導くことになっています。

(注意:アンカータグを記載出来るアーティクルディレクトリーを選んで下さい。)





3.. 別の検索連動型広告をアンカーリンクとして使って、できるだけ多くの商品ディレクトリに別のアーティクルを送信します。

このアンカーリンクが、ユーザーをあなたのウェブサイトの別のページに導くことになっています。

アクセスを増やしたいすべてのページについて、この手順を繰り返します。





4.. 2〜4の手順を周期的に繰り返します。リストにあげたすべての検索連動型広告を使います。

すべての検索連動型広告を使い終えたら、各ウェブサイト検索連動型広告を循環させることができます。





5.. 必ず、1日に1つの商品を送信するようにします。





アーティクル・アタック戦術が機能するのはなぜでしょうか?







アーティクルアタック戦術を使うと、次のことを確実にすることができます。





a.. あなたのページすべてが、等しく注目されるようになります。

そのため、注目に応じた量のアクセスを受け取れる可能性があります。

これは、検索エンジン結果の優位な位置と同様に、総合的なPRに有利に作用します。





a.. あなたのウェブページすべてに新しい被リンクが保証されるようになります。

検索エンジン結果の優位な位置にいったん到達したら、この戦術を使っている限りは、その位置に留まるようになります。





a.. あなたのウェブサイトに関連したすべてのリスティング広告が対象とされるようになります。

したがって、あなたが提供する情報を求めている人々から、もっと多くのアクセスを獲得する大きなチャンスが保証されます。

< 知られざるアーティクルアタック戦術の破壊力の記事の続きはココから >
< 知られざるアーティクルアタック戦術の破壊力の記事はココまで >
| カテゴリ : ブログ・アフィリエイト | 2008.02.15 Friday 11:56 | - | trackbacks(1) |

最新トラックバック
 

 

ランキング
このブログ
今何位かな?
 

punpkin-2.jpg

パンプキン

あなたの Myページ に
新着記事をお届けします。
下の登録ボタンを押してください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

My Yahoo!に追加
Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
 

ランキング
ブログキング
何位でしょう?

RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
SponsoredLink
Author's Profile
現在表示記事
情報起業,ネットビジネス,SEO対策

情報起業,ネットビジネス,SEO対策

PING送信プラス by SEO対策

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 27 28 29 30 39 40